我が家には猫が3匹いるのですが、それぞれの猫の写真でオリジナルのiPhoneケース作りたい~~って思ったショップを発見したのでご紹介しますね。

iPhoneのケース専門というわけでもなくて、様々なグッズに写真をプリントして、オリジナルアイテムが作れるショップです。

えすぷり オーダーメイド オリジナルiPhoneケース

世界でひとつのオリジナルiPhoneケースが欲しい!!

私のスマホは、iPhone7Plusです。
実は、超~~~お気に入りのiPhoneケースをつけています。これも楽天で買ったんですけどね。

でも今、欲しくて欲しくて、注文しようと思っているiPhoneケースがあるんですよ。
それが、「えすぷり」のオーダーメイド オリジナルiPhoneケースです。

我が家には猫が3匹いるのだけど、その写真で作りたい~~~。
1匹ずつ作るのもいいけど、3匹一緒の写真に加工して息子と娘の分も作るっているのもいいよね・・・などと思っているところです。

1個がたったの1,280円(税込1,382円)で、世界にひとつのオリジナルケースが作れるなら、お得ではないですか?
子どもの小さな頃の写真でもいいかも~~~。

デザインが違っても同じ価格なので、注文するなら複数頼もうと思っています。
1個買うと1,280円(税抜)
2個買うと1個あたり950円(税抜)
3個買うと1個あたり800円(税抜)

まとめ買いするとお得ですね~。

オリジナルiPhoneケースの特徴

iPhoneなら、どの機種でも大丈夫ですね。

<iPhone対応機種>
iPhoneSE
iPhone4/4s
iPhone5/5s/5c
iPhone6/6PLUS
iPhone6s/6sPLUS
iPhone7/7PLUS
iPhone8/8PLUS
iPhoneX
※機種によって価格が違ったりします。

ケースは、クリア・ホワイト・ブラックの3色から選択ができます。
明るい感じにしたい時は、ブラックを選ぶと少し色合いが暗くなってしまうので、クリアかホワイトを選びます。

逆に、夜景の写真など暗い方が雰囲気がでるものならブラックを選ぶといいですね。

また、画像やイラストの部分を厚盛加工することができます。
厚盛は1回100円で、10回の重ね塗りで、0.2mm程度の厚さになるそうです。

これは是非やりたい!!やっぱり、パッと見てすぐわからないような厚みだとしても、あるとないのでは全然違うはずです。でも、あまりやると格安というメリットがなくなるので、考えどころですね。

注文から受取までの流れ

  1. 必要事項を記入の上、楽天から注文をします。
  2. 注文後楽天からの自動配信メールのあと、えすぷりからも注文確認メールが届きます。
  3. メールに記載の方法で、画像・写真データを入稿します。
  4. メールに送付される形で、商品の仕上がり画像が届きます。
  5. カット(トリミング)される部分や配置を確認して、変更がなければOK、変更箇所があればその内容を書いてえすぷりに連絡します。
  6. 注文確定メールが、ショップがOKメール確認後1営業日以内に届きます。
  7. 発送案内メールが届きます。

入稿するデータは、普通の写真でも自分で作成したデータでもOK。
IllustratorやPhotoshopのデータを送ることも可能です。

ただし、3MB以上のメールは送受信できないため、画像の容量や送り方には注意しましょう。画像が複数なら、メールを分けたり圧縮して送信。ファイル転送サービスを利用するようにします。

あとは、自分で文字やデザインをする場合、5mm内側にデザインしておかないとバッサリ切れてしまうのでこれも注意。
名刺の印刷などでもそうですが、どうしてもそういう切れてしまう部分って出てしまうものなので、ギリギリの位置には大切なものはデザインしないようにしましょう。

その他に注意しておきた点はココ

仕上がりイメージを送ってもらって確認してから印刷してもらえますが、実際に印刷すると若干色が違って暗くなったり、鮮やかな色がくすんだ色になったりすることがあります。

その結果、気に入らないということがあっても、無料で作り直しなどはできないので、それだけはよく覚えておきましょう。

これって、ショップさんの都合とかではなくて、印刷とパソコンやスマホなどWEBの色は、種類が違うため何にでも起こることです。

私も、仕事で印刷するためのデータを作ったことがあるんですけど、印刷をするためにはCMYKというシアン・マゼンタ・イエロー・キープレート(墨)という4色で色を表すカラーモデルを使います。自宅にあるプリンターもそうですよね。

それに対して、WEBなどパソコンやスマホで見ている色は、RGBというレッド・グリーン・ブルーの3色で色を表しています。カラーモードが違うことで、より近い色で印刷することになるんですね。

自宅で年賀状や写真を印刷したことがある方なら、たまにパソコンの画面とは色がちょっと違うな~と思ったことがありませんか?
そんなことが起こることもあるよってことです。

ショップさんは、データ編集や画像変更を納得いくまで対応してくれるとありますが、あまりにも時間がかかることを要求してしまうと別途料金が発生するのがご注意くださいね。
また、最終的に気に入らずにキャンセルとなれば、対応した分のキャンセル料も要求されます。

まぁ、私個人の意見としては、ちょっとしたランチ程度の価格で世界にひとつのオリジナルiPhoneケースが作れるのだから、多少の色違いなどは気にしないわ~ってことです。

元のデータと見比べて違う~~って思うものも、それひとつだけ見ていればそんなに気にならないものです。実際に、レビューをしている方のほとんどは、できあがりに感激していましたから大丈夫そうですよ。