春先になると、だんだん紫外線が気になるようになりますね。紫外線って実は真夏よりも5、6月の方が強いって言いますから、しっかり対策したいものです。

そこで賢く利用したいのが日傘。
完全遮光100%で、遮熱効果も高い日傘を持っておくと便利でいいですよ。

今回は、楽天はもちろんテレビ番組や人気雑誌でも話題の日傘をご紹介しますね。

100%完全遮光 遮熱 晴雨兼用 涼感 コンビ 3段折りたたみ日傘

ロサブランの完全遮光100%の日傘

毎年完売になるほど売れている完全遮光100%のロサブラン日傘です。
あの美STなどでも紹介されている人気の日傘なんです。

私はかなりおばさんなので、自分が子どもの頃に日傘を使っている人ってお金持ちの奥様ってイメージだったんだけど(笑)、今は日傘を忘れたりしてしまうと困ったって思うぐらい日常生活で利用しますよね。

美意識が高くなったというのもあるでしょうが、健康のためにも使わないわけにはいかないという状況でしょう。特に暑い季節は、炎天下に日傘なしでは大変なことになりますね。軽いやけど?というぐらい日焼けしてしまったり、熱中症で気分が悪くなったり・・・

だから、日傘を選ぶなら、完全遮光の日傘がおすすめ。

完全遮光100%とは、紫外線・赤外線・可視光線などの太陽光線を100%カットできるということです。そのため、紫外線によるシミ・そばかすを防ぐことができますし、肌ダメージから守ることにもなりますね。

普通の遮光の日傘は、ほとんどが気休め程度で紫外線を浴びてしまうと言います。優秀な完全遮光100%の日傘だからこそ、エイジングケアやシミ対策にも効果あるんですね。

ロサブランの遮光シリーズの日傘は、デザインがシンプルながらとっても上品でオシャレ!そして、淡色カラーでも濃い色と変わらず完全遮光100%!

さらに、遮熱効果もあるから、涼しいというのもいいですね。
遮熱試験によれば、15分後に約11℃~19℃も未加工の生地との温度差があったそうです。これだけ日傘をさすだけで涼しさを感じるなら、かなり外出する際に助かるのではないでしょうか?

ロサブランの日傘の特徴

では、ロサブランの日傘のここがすごい!と思う特徴をまとめます。

高密度1級遮光生地(日本製)を使用

日本の技術だからこそできる特殊加工。
それができる工場は限られていますが、その中でもトップランクの工場で丁寧に製造されています。

確実な品質確認

新しい生地ロットの製造のたびに試験報告書を取得して品質を確認しています。

紫外線・赤外線・可視光線を100%カット
生地そのものが100%遮光構造なので、破れない限りは遮光性能をキープできます。
また、地面などからの照り返しも、傘裏のブラックラミネートが吸収するため、顔への反射をカットできます。

軽量で晴雨兼用

高度な撥水加工を採用しているため、晴雨兼用として使えます。

使いやすいデザイン

折りたたみの日傘も、伸ばした状態で持ち歩くことができたり、折りたたみサイズに畳んで傘袋に入れて持ち歩くこともできます。

折りたたみ日傘を折りたたむためのバンドが内側についていますが、垂れ下がって邪魔にならないように留めておくことができます。

豊富なカラーと便利なデザイン

幅広くカラー展開しているので、お好みで選べるのがいいですね。どれもオシャレだから迷ってしまいそう♪

  • ブラック×ピンク
  • ブラック×アイボリー
  • ネイビー×アイボリー
  • ベージュ×ブラック
  • ベージュ×ピンク
  • アイボリー×ベージュ
  • ブラック×スウィートブルー
  • ネイビー×イエロー
  • スウィートブルー×ブラック
  • アイボリー×ネイビー
  • ブラック×ベージュ
  • ブラック×ラベンダー

口コミ評価はどう?

口コミなどを見ると、かなり人気がありますね。

  • 傘の中は涼しい
  • 傘袋は可愛いし高級感がある
  • 値段以上の価値がある
  • 丈夫で壊れにくく、強い風の日も使えて良かった
  • 外出中ずっと日陰にいるような感じで助かる
  • デザインがシンプルで気に入っている
  • もうほかの日傘は使えないと思う

かさばる・折りたたみにくいなどの声がかなりありました。しかし、そう言っている人の多くは評価は高くつけていて、生地がしっかりしている・その分遮光できていると満足しているようです。

ただ、気になる点は、低評価をつけている人の口コミがすぐ壊れるとレビューしていることですね。割合的に高評価に比べればグッと低い人数ではありますが、こればかりは使ってみないとわからないので、購入前にはよく考えてみましょう。