中学・高校の入学準備で必要となるスクールバッグは、早めに色々チェックして準備するべきです。特に高校生は、学校の指定なのか自分で選んで用意するのかなど、学校が決まらないとハッキリしないため、いざ準備スタートという時に気に入ったものが売り切れていた…なんてよくある話です。私のことですけど(笑)

気に入ったスクールバッグは、サブバッグとしても使えるため、購入しておくと安心ですね。

そこで今回は、楽天で人気評価の高いスクールバッグを3点と、スクールバッグを選ぶポイントをご紹介しますね。

楽天スクールバッグ レビュー件数ランキング

老舗メーカーのスクールボストン

村瀬鞄行オリジナルのスクールバッグです。

村瀬鞄行(むらせ かばんこう)は、名古屋に本店がある老舗ランドセルメーカーです。以前は、エディランドという名前の楽天ショップでしたが、会社名に変わったようです。

カラーは、ブラック・ネイビー・ネイビー×グレー・ブラック×グレーの4カラー展開。
内装はシンプルな黒なので、男女関係なくおすすめです。
送料無料のお手頃価格!

約590gの軽量モデル
横幅:約41cm
高さ:約26cm
奥行き:約13.5cm

約14Lの大容量サイズで、A4フラットファイルはもちろん入ります。教科書・辞書・お弁当などを入れても余裕があるので、収納に関しては全く問題ないでしょう。

<その他特徴>

  • スマホなどを収納できる仕切り付きファスナーポケット
  • A4フラットファイルも入る大きさのフラップ付きポケット
  • 表側にオープンポケット
  • ストラップやキーホルダーなどをつけられるDカンあり
  • 握りやすく加工され、肩にかけやすい持ち手
  • カバン底の擦れや汚れを防ぐ底鋲付き
  • カバン底の角が壊れにくいビニールコーナー

女子におすすめ!NICE CLAUPブランドのスクールバッグ

かばん専門shopウォーターモードで販売中の商品。女の子に大人気なブランド「NICE CLAUP」のスクールバックです。内側はピンク色で猫と色々な吹き出しが描かれているため、すごく可愛いです!

カラーは、ネイビー×グレー・ネイビー×ネイビー・ブラック×グレーの3色展開。
底板は取り外しができないタイプです。

重量は約640g
横幅:約44cm
高さ:約26cm
奥行き:約15cm

<その他特徴>

  • A4サイズ対応でたっぷり収納
  • フロントに便利なミニポケットが2つ
  • フロントのファスナーポケットは、仕切りがいっぱいでスマホ・ペン・手帳などを分けて収納できる
  • 内側に大きなオープンポケット
  • 内側にペットボトルポケット付き
  • カバン底の擦れや汚れを防ぐ底鋲付き

女の子なら、きっと喜ぶはずですね!!

安いカバンならコレ!複数買っておきたいスクールバック

とにかく安いものが良い!何度買い替えても負担にならない金額が良い!という方も多いですね。そんな方におすすめなのが、「なかよし」のスクールバックです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【持手キャンバス/ポリエステル素材】スクールバッグ
価格:1296円(税込、送料別) (2018/1/25時点)

このバッグは、とにかく安いです。
送料は別ですが、全国一律料金399円(沖縄除く)なので、さほど高くもありません。

他のカバンと比較したら2個以上変えてしまうのでは?というほどの価格。そのため、まとめて複数買っておくのもありですね。一度に購入しておいた方が送料がお得になりますし、複数持っていることで雨で濡れてしまった時などの替えにもできます。

男女関係なくおすすめですが、サブバックが欲しい・すぐ汚したり壊してしまうという男子向けには、特に良いのではないでしょうか。

横幅:約40cm
高さ:約25cm
奥行き:約14cm

<その他特徴>

  • ホック付きの内ポケット
  • 外ポケットは、オープンポケットとファスナーポケットの2つ
  • ホルダー金具付き
  • カバン底の擦れや汚れを防ぐ底鋲付き

スクールバッグを選ぶポイント

中高校生用のスクールバッグを選ぶポイントは、4つあると私は思っています。

  • 軽くてゆったり収納ができる
  • 強度があって型崩れをしない
  • 速乾性がある
  • 制服や子どもの好みに合うもの

こんな感じですね。

特に、この軽くて収納力があるというのは学生にとって重要です。とにかく、教科書など重いんですよ。そしてカバンに入れるものが多い!!

お弁当も持参するとなったら、たっぷり収納できるものにしないとダメだし、仕切りやポケットなど細かい配慮がないと中身がごちゃごちゃして紛失や忘れ物の原因となってしまいます。
当然ながら、A4ファイルが入る大きさという条件は必須です。

初めて子どもの持ち物を手にした時は、本当にびっくりする重さでした。
教科書を学校に置いておくなりしてもう少し軽くできないのか?と聞いたところ、なかなかそうもいかないようです。

それだけ重いものを毎日持って通学するわけですから、強度が必要にもなってくるし、型崩れしにくい方がいいわけです。

そして、雨に濡れたりした場合にすぐ乾くということも大切。
特に自転車通学するような場合は、かなり濡れてしまいますから。

あとは、子どもが気に入らないと、どんなに良いバッグを買っても使ってくれないとか、文句ばっかり言うことからケンカになったりします(汗)

学校によっては、学年が上になってくれば自分で好きなカバンを持つようになりますから、最初だけは可もなく不可もなくというシンプルなカバンがいいでしょう。

我が家の場合は、息子も娘も自由度が高くて、周りから色々言われることもないような学校でした。それでも、娘は目立つのは嫌だと1年生の間はシンプルなバッグを使っていました。2年になってからは、ジャラジャラと飾りをつけたり派手なリュックにしたりしてましたけど。

息子は、何でもいいと言って、3年間シンプルなバッグを使っていましたね。

ママ友などに聞く話では、学校側がうるさい・先輩に目をつけられることなどがあるようですから、入学準備で自分で用意する場合、とりあえずシンプルでよくあるスクールバッグにしておけば間違いはないでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

入学準備でスクールバッグを選ぶ際、軽さ・収納力・型崩れをしない強度・速乾性・制服や好みに合うなどの条件で探すことがポイントです。

今回は、しっかりした老舗メーカーのカバン・女子向けの可愛いカバン・とにかく安いカバンの3種類をピックアップしてご紹介しましたが、どれも条件的に問題ありません。
シンプルな見た目ですから、入学準備に用意する学生鞄としては最適なものばかりです。

どの商品もレビュー評価も高くて人気がありますから、お子さんと一緒に選んでくださいね。

どちらにしても、希望の色などが売り切れになったりしてしまいますから、早めの注文をするようにしましょう。